MT4・MT5:データフォルダの変更方法

MT4・MT5をインストールすると、インジケーターなどの保存場所は下記のようになります。
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\長い英数\~

 

「ファイル→データフォルダを開く」で保存場所を開けるので、インジケーターのインストールなどで問題になることは無いかと思います。
ただ必ずCドライブを使用するので、ヒストリカルデータのサイズが大きくなるとドライブの容量を圧迫します。
容量の大きくないSSD等をCドライブにしている場合に困ることがあります。

 

そういう時はDやEドライブにMT4・MT5をインストールして、データフォルダも同じ場所に設定します。
起動時に引数を設定するとメタトレーダーと同じくプログラムの本体と同じ場所にインジケーターを入れることが出来ます。
本体とインジケーター、チャートの設定などが一カ所に纏まるのでバックアップや引っ越しがしやすくもなります。

 

なおこれをおこなうにはprogram files以外の場所にMT4・MT5をインストールしていることが必要です。

 

デスクトップのショートカットを右クリック→プロパティ

 

 

~terminal(64).exe"の後ろに(半角スペース) /portable を入力してOKボタンを押します。
これで完了です。
後はMT5を起動して「ファイル→データフォルダを開く」で開いたフォルダが本体と同じ場所なら成功です。
MetaTrader - Alpari UK等のフォルダを他のメディア等にコピーするだけで丸ごとバックアップが可能になります。

 

~terminal(64).exe"の部分はMT5の32ビット版、MT4では~terminal.exe" となっています。

 

 

この設定で起動すると、本体とデータフォルダが同じ場所になります。

途中からこの設定に変えると、元々のデータフォルダのデータを使用しなくなりますので、データが消え初期化されたように見えます。
最初のデータフォルダのデータをコピーしてくるようにして下さい。