MT4ラインオートコピー

チャートに引いたラインを自動で他のチャートにコピーします。

コピーは基本的に同じ通貨ペアでのみおこないます。
設定を変えると同じ通貨ペアでもコピーするチャートを分ける事が出来ます。

 

 

動画は左から4時間 1時間 15分になっています。

 

4時間に引いたラインが1時間・15分へ同時にコピー
4時間で引いたラインを1時間で動かすと4時間・15分のラインも移動
1時間に引いたラインは4時間にはコピーされず15分にのみコピー
4時間で引いたラインの色を1時間で変えると4時間・15分のラインの色も変更
4時間のラインを15分で削除すると4時間・1時間のラインも同時に削除

 

等が確認出来ると思います。

 

主な機能

コピーできるオブジェクト

トレンドライン 水平線 フィボナッチ 垂直線 テキスト 矢印 四角 三角
チャネルライン フィボエクスパンション フィボナッチチャネル フィボナッチ・ファン

 

コピーの設定はオブジェクト毎に設定できます。

 

コピーは複数のチャートにリアルタイムで可能

4時間足に引いたラインを1時間足・15分足へコピーなど、複数のチャートへ同時にリアルタイムでコピーが出来ます。
チャートの枚数には特に制限はありません。
コピーしたいチャートにインジケーターをインストールすれば増やせます。
4枚チャートやそれ以上のチャートでもそれぞれ双方向でコピー・削除できます。

 

コピーする時間足の調整

1時間足のラインを小さい足の15分にはコピー、大きい足の4時間にはコピーしない等の設定が出来ます。
設定次第で 上位→下位 下位→上位 上位←→下位 いずれの方向も可能です。
また、初期設定では現在の時間足上位か下位で判定してコピーしますが、もっと細かい設定も可能です。

 

コピー・移動・削除は双方向

ラインを引いたチャート以外でも移動や削除をすると他のチャートでも連動します。
例えば4時間足で引いたラインを15分足で動かすと4時間足のラインも動きます。

 

削除も同様に15分足で削除すると、4時間足のラインも削除されますので、
ラインがどのチャートで引かれたかを意識せずに使用出来ます。

 

ラインの色や種類は個別に変更可能です

このラインだけ太く、このラインだけ青色になど自由に行えます。
また、コピー・削除と同じくラインを引いたチャート以外で色や太さを変えても他のチャートのラインの色、太さなどが変更されます。
ラインがどのチャートで引かれたか関係なく、別のチャートの同じラインが変更される仕様です。

 

キーボード+クリックでトレンドラインを水平に出来ます

大きい足で引いたラインが微妙に真っ直ぐでない時、小さい足でのズレが意外と大きいです。
またラインがローソク足に吸い付いて思ったように引けない時もあります。
そんなときに役立っています。
通常ではラインのプロパティでレートを設定しないと出来ない事が簡単にできます。

 


↑Sキーを押しながらラインをクリックすると↓トレンドラインが水平になります。

 

角度付トレンドラインは自動に水平になります(設定で解除可)

角度付トレンドラインはチャートのスケールを固定しないと使いにくいのですが、
水平に固定することで短期水平線用として使いやすくすることが出来ます。
短期水平線を沢山引かれる方向けの機能です。

 

ジグザグモード

トレンドラインを使って手動で波を描かれている方向けの機能です。
このモード時にラインを引くと他のチャートへコピーされないようになります。
設定したキーでいつでも切り替え可能です。

 


上が1時間足で下が15分足です。
通常どおりラインで波を描くと下にコピーされています。
赤ラインを削除した後にジグザグモードに切り替えています。
上のチャートの左下に白い四角が確認出来ると思います。これがジグザグモードに切り替わった状態です。
この状態でトレンドラインを引くと、設定した色に自動で変わり他のチャートへコピーされなくなります。
チャート毎に別々の波が描けるようになります。

 

最後に大きく傾けたトレンドラインが水平になるのが、これがSを押しながらラインをクリックすると水平になる機能です。

 

 

 

このプログラムはスクリプトではなくインジケーターですが、
基本的にラインが引かれた時だけ動作するので負荷はほとんどかかりません。
また、スクリプトと違って一つしか入れられないという制限がありませんので、他に必要なインジケーターも入れることが出来ます。

 

ライントレードなどの手助けになると思います。
よろしければご検討ください。

 

 

MT4ChangeObjectと連動が可能です。

 

DLmarketで購入 DL-Marketの紹介ページを開きます。
ご購入手続きはこちらのページからお願いします。